男の人

盗聴調査をしっかりして平穏な日常を取り戻そう

徘徊する家族の安全対策

地図

靴に入れるタイプも登場

しょっちゅう徘徊して行方不明になり、警察のお世話になっているケースでも、当の本人は迷惑をかけている意識がないことがあります。認知症を患っている場合にも、意識が覚醒している時に「迷子対策のためにgps追跡サービスを利用します」と言っても断られてしまうことがあります。そんな時、靴に入れる小型タイプのgps追跡なら、本人に気づかれることなく追跡することができます。移動している時は靴を脱ぐことはまずないので、確実に居場所をつきとめることができます。目を離した時にふらりと外出されてしまっても、gps追跡機能で居場所が分かっていればすぐに迎えにいくことが可能です。リアルタイム追跡も可能ですし、「自宅から3キロ離れたら連絡」など需要に応じて追跡レベルを選ぶことができます。

認知症や徘徊対策に最適

gps追跡は認知症や徘徊症状が出ている高齢者の安全を守るためにも有効です。若年層の認知症発症者が増えていますが、寝ている間やふと目を離した隙に家族が出かけてしまうと追いかけるのが大変です。すぐに追いかけることができれば捕まえることができますが、家を出てから何分間も経っていると探すのは至難の業です。しかも自転車や自動車、電車などの移動手段を使い、ふと意識が戻った本人もパニックになってしまうほど遠距離を移動するケースも少なくありません。ふらっとどこかに行ってしまうことがあり心配な家族には、あらかじめgps追跡サービスを利用してもしもの事態に備えましょう。24時間目が離せない、と気を張っていると介護する家族の方が疲労してしまいます。gps追跡サービスがあれば、いなくなってもすぐに居場所を特定できるので安心です。